楽譜が読めない人に向く「ウクレレ練習方法」について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ウクレレを弾けるようになりたいけれど、楽譜が全く読めない。

そんな方、おられると思います。

楽譜を読めない人が独学で楽器を練習する場合、当然ですがまず楽譜の読み方から勉強しはじめるのが普通です。

ですが、楽譜を一から勉強しながらウクレレを弾くのは、実はあまり良い練習方法ではありません。

ほんの少しの演奏をこなすだけでもものすごく時間がかかってしまって、途中で挫折する可能性が高いからです。

しかしそうなると、どうやって練習すればよいのか?
楽譜が読めなくては練習自体できません。

今回は、楽譜が読めない初心者に向くウクレレの練習方法について解説します。



楽譜を読むという行為が、練習嫌いにさせる



ウクレレの演奏では、一般的な楽器に用いられる五線譜ではなく、「タブ譜」と呼ばれる楽譜が用いられることがほとんどです。

タブ譜は五線譜に比べると直感的にわかりやすく書かれているため、初めての方でも習得は難しくありません。

とはいえ、全く楽譜を読めない初心者の場合、わかりやすいとはいっても理解までに時間がかかります。

そうやって苦労して楽譜を読んだ上に、さらにウクレレを弾く練習をしなくてはならないわけです。

楽譜を読む

楽譜に書かれた通りにウクレレの弦を押さえ、弾く

楽譜を読む

楽譜に書かれた通りにウクレレの弦を押さえ、弾く

上記の繰り返しです。
これだけをみると簡単に思えるかもしれませんが、初心者にとっては楽譜を読むという行為自体が大変です。

押さえる弦だけではなく、リズムなども楽譜から読まなくてはなりませんので、本当に大変で時間がかかります。




これが教室ならお手本となる先生がいますから、直接弾き方を見せて教えてもらえばよいわけで、 楽譜を読むのが苦手でもどうにでもなります。

たとえ間違いがあってもまわりから指摘してもらえますが、一人だとそうはいきません。

ほんの少しのメロディを鳴らすだけでもものすごく時間がかかるし、 しかもちゃんと弾けているかどうかが確信できず、だんだんとやる気も自信もなくなり…

そのような感じだと全く面白く思えず、ついに挫折してしまう人は少なくありません。



ものすごく意志の強い人、コツコツやるのが得意な人なら時間がかかったとしてもできるかもしれません。

ですが、「ウクレレ弾けたら格好いいだろうな」とか、 「面白そうだから弾いてみたい」なんて軽い気持ちではじめた人の場合だと、嫌になってやめてしまう可能性が高いです。

月並みですが、楽譜が読めない楽器初心者は、最初から教室へ通ったほうが時間と労力を無駄にしません。

それが難しいなら、次項で説明しているような方法で練習に取り組んでみることです。



楽譜が読めない初心者に向くウクレレ練習方法

楽譜が読めない初心者に向く、ウクレレの練習方法をご紹介します。

ただし環境によってはできない人もいるかもしれません。
その場合は、あきらめてコツコツ練習するか、教室へ通うことを考えましょう。


知人や動画でのウクレレ演奏を参考にしよう



楽譜を一から勉強するのは大変です。
たとえなんとか読めるようになったとしても、慣れない楽譜を読んで楽器を弾くという行為は、労力を必要とします。

楽譜を見て、ウクレレの弦を見て…を繰り返していると、何をやっているのかわからなくなってくるはずです。

そんな初心者は、まず楽譜を見て弾くという練習の仕方をいったんやめましょう。



楽譜を読むという行為が、練習を辛く嫌なものにします。
場合によってはウクレレ自体が嫌になってしまうかもしれません。

そもそも練習の目的は楽譜を読めるようになることではなく、ウクレレを弾くことなのですから、 とりあえずはいったん楽譜を読むことはあきらめて、ウクレレを弾くことに集中しましょう。

ときくと
楽譜が読めないのにどうやってウクレレを弾くの?
と思われる方もおられると思います。




いろいろな方法がありますが、例えばウクレレをある程度弾ける知人の弾き方を参考にさせてもらったり、 それが難しいならネット上のウクレレ演奏動画を参考にしてもよいでしょう。

そばで指使いを教えてくれる知人がいれば最高です。

いなかったとしても、探せば弾いている様子をじっくり見せてくれている動画がありますから、そういったわかりやすいものを参考にしましょう。

・知人のウクレレ演奏を参考にする
・動画のウクレレ演奏を参考にする

相手がやっているとおりに、ウクレレの弦を押さえて弾くことを繰り返します。 いわゆる真似です。

ネットの動画を参考にする場合、何度も映像を往復させなくてはならなくてちょっと大変かもしれませんが、 楽譜を読むよりは何倍も演奏の仕方が理解しやすいはずです。

できるだけ真似しやすそうな、簡単な曲の演奏を紹介している動画を利用してくださいね。

何度も演奏を見て真似してみて、どのように弦を抑えるのかを頭に入れたら、 その演奏をきちんと弾けるようになるまで繰り返し練習します。



正直、この方法でもある程度上達するまでには時間はかかると思います。

ですが、楽譜を読むといううんざりする行為を間に挟まずに済むこと、 またウクレレを弾く練習に集中できるので、それなりに面白くやりがいがあるはずです。

練習を続けて簡単な曲が弾けるようになったら、自信にもつながります。


楽譜を使わないウクレレのDVD講座を利用する

次に、ウクレレのDVD講座を利用する方法について。



私がまわりにもよくおすすめしているのは、 プロのウクレレ講師である古川先生が教える「初心者向けウクレレDVD講座」です。

こちらは先にあげた方法とは異なり、講座の利用に費用がかかりますが、 楽譜が読めない人でもウクレレが弾けるようにと考えられたものであるため、確実に上達が見込めます。



この講座では、楽譜が読めない人でも自宅で楽しくウクレレの練習ができるように、 まずは映像とわかりやすい専用楽譜を使って練習をはじめます。

ここで用いる専用楽譜は、一般的な五線譜やタブ譜とは異なり、見ただけでウクレレの弦の押さえ方がわかる楽譜です。

さらに、先生の手元の様子を映像でさまざまな角度から見せてくれます。

・初心者でもすぐにわかる専用楽譜を使える
・先生の手元の様子がみられる映像を参考にできる

基本的には映像をみて、ウクレレの弾き方を真似できるように作られているため、 ネットの動画を見ている時のように「手元がよく見えない」とか「今どうやって弾いてたんだっけ…?」と分からなくなることがありません。

またすぐに曲が弾けるようになるので、ウクレレの練習が楽しくて仕方がなくなるはずです。

楽譜を読むのが苦手、できない初心者には、これ以上に至れり尽くせりの講座はないといっても過言ではないでしょう。



もちろん、ウクレレを続けていくのならいつかは楽譜に慣れなくてはなりません。

そこを考慮して、講座の後半では「タブ譜」の読み方についても詳しくレクチャーしてくれるレッスンが用意されています。

楽譜と聞いて拒否反応を起こしてしまう方もおられるかもしれませんが、大丈夫です。

初歩の初歩から簡単な応用まで、少しづつステップアップできるように丁寧に教えてくれていますから、 つまづいてわからなくなる…なんてことはまずありません。

自然にタブ譜にも慣れることができます。

講座を終えるころには、市販の楽譜を使っての練習もなんとかできるようになっているはずです。



楽譜の読み方を覚えるのが苦痛、すぐにウクレレを弾きたい…。 そのようにお考えであるのなら、チェックしてみる価値はあるでしょう。

詳しくは以下をご覧になってみてください。



ウクレレ教室に通える方は

今回、自宅で初心者が練習することを想定してお話ししましたが、 独学にこだわっていないのならウクレレ教室へ通うのが余計なことを考えなくてもよくて、一番手軽かもしれません。



当然ですが教室は費用が掛かります。

またレッスンが週1、週2と少ないため、ある程度の技術を身に付けるまでには時間がかかります。

加えて先生のクオリティにムラがあるため、あたる先生が悪いとなかなか上達しない場合もありますが、 直接ウクレレを弾いている様子を見られるのは大きいです。

ある程度の費用が出せて、かつ自宅の近くにウクレレ教室があるのなら、行ってみる価値はあるでしょう。



一方で、教室に通わずに練習したい人は、 前項でご紹介した方法を試してみてください。

特に古川先生のDVD講座は、楽譜が読めない人向けのレッスンのために作られたものなので、初心者にはお勧めです。

講座の費用はかかりますが、教室に通うよりはかなり安く済ませることができますので、教室通いのコストを抑えたい人にも良いと思います。

興味をお持ちの方は、チェックしてみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



当サイトいちおし!初心者向けウクレレ教材【DVD映像で学べる】

楽譜が読めない、楽器は初めて、一人で練習できるか不安。
そんな楽器初心者でも楽しくウクレレを学ぶことができる、続けやすいウクレレ教材をピックアップしています。

専用の教材は本などに比べると費用がかかりますが、 内容が体系化されており挫折しにくいこと、また独自のノウハウによって効率的に練習がおこなえるため、 特にはじめての方にはおすすめ。

何度も教室へ通うことに比べると、手間もかかりませんしリーズナブルです。


古川先生の初心者向けウクレレ講座

今も多数の音楽教室でレッスンを行い、ウクレレの教本やCDなども手掛けられている、古川忠義先生のウクレレDVD講座。
「楽譜が読めない」
「楽器の経験がない」
「一人で練習できるか不安」
そんな不安は一切不要。
楽しみながらウクレレを学ぶ工夫が所々に取りいれられています。

学ぶのが苦手という方でも、自然に理解できるような内容なので安心です。

独学だと続けられるかが不安、楽器初心者だけど短期間でウクレレを弾けるようになりたい、そんな方におすすめしたい教材です。

教室に通わずにウクレレを上達させたい。
そんな方は、是非チェックしてみてください。




おすすめ記事



Copyright © 2017 - ウクレレ弾きませんか?. All Rights Reserved.
サイト上のコンテンツの無断転載を禁じます (サイト概要