ウクレレにストラップを利用するメリットと、ストラップの種類について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソプラノなど、小さいウクレレは軽いのでストラップはいらないなんて話をよく聞きますが、 長時間の演奏になるとウクレレをホールドしている肩や肘が疲れます。

特に身体の小さい方や、力の弱い女性などにはそういう傾向があるのではと思います。 弾き語りなどの最中にウクレレの位置がずれると、そのたびに持ち上げなくてはならず、気が散ってしまいますよね。

そこでストラップを利用しようと思ったけれど、たくさんありすぎてどれを選んだらよいかわからない…なんて方は少なくないはず。

今回は、ウクレレのストラップについてお話ししたいと思います。



ストラップを利用する利点は?

ウクレレのストラップを使用する利点は、なんといってもウクレレを抱えることに気を散らされないという点です。

先にも述べたとおり、長時間ウクレレを弾いていると、なんども抱え直したり位置を調整したりする場面が出てきて何かと気が散ります。

特に初心者だと、弦を抑えたり弾く手先に集中したいところですが、ウクレレのずれが気になってなかなか集中出来ないという方もおられるはず。 そういう方はストラップを使うべきでしょう。

またサイズの大きいウクレレを使う場合にも、ストラップがあると便利です。
ウクレレのサイズが大きいとそれに比例して重くなりやすいですし、ネックが長いウクレレだと腕を回して抱えるのも大変ですよね。

ストラップを利用すると、ウクレレを抱えるという行為に煩わされることがなくなります。



ウクレレに使えるストラップの種類について

ウクレレに使えるストラップには、ウクレレにエンドピンを取り付けて使用するタイプのストラップと、 サウンドホールに引っ掛けて使うタイプのストラップが存在します。

どちらも一長一短あるのですが、ウクレレを長時間抱えているのが辛い方や、 パフォーマンスなどでウクレレから手を放したい方などには便利なアイテムです。

サウンドホールに引っ掛けるタイプのストラップ

手軽なのは、サウンドホールに引っ掛けて使うストラップです。
ご自身の首にぶら下げたストラップ先についているフックを、ウクレレのサウンドホールに引っ掛けるタイプとなります。

単純にホールに引っ掛けているだけであるため、両手放しは難しいですが、それでも腕にかかるウクレレの重量が軽減されること、 またこのタイプだとウクレレに穴をあけたりする必要がなくなるため、使っていらっしゃる方は多いです。

落下の危険性はあるため、ついウクレレから両手を離してしまう・・・なんてことのないように注意しなくてはなりません。

ピンに取り付けるタイプのストラップ

ウクレレに取り付けたエンドピンにストラップを取り付け、ウクレレ全体をストラップで支えるタイプです。

両手をウクレレから離しても落下の危険がなくなるため、ウクレレを抱えながらなんらかのパフォーマンスを行う方や、 重量のあるウクレレをお持ちの方に適しているといえるでしょう。

ただし、ウクレレにストラップ用のエンドピンをつけなくてはならないため、高価なウクレレをお持ちの場合、ピンの後付けには抵抗感があるかもしれません。

なお、エンドピンの後付け自体は楽器店でやってもらえるところが多いですが、工賃がかかる可能性があること、 またお店によってはすぐにやってもらえない場合もあります。(1週間程待たされる)

部品自体は売られていますので、自分でピンを取り付けることは可能です。

ウクレレ購入時に加工してもらうことも可能であるため、最初からストラップを利用することがわかっているのなら、 取り付けてもらった方が手間がないでしょう。


サウンドホールタイプ、またピンタイプなど、 どちらのストラップが合っているかは、その人のウクレレを引く環境や好みによるところが大きいです。

ピンのないウクレレに穴を開けるのは抵抗がある、またウクレレを抱える補助程度のストラップで良いという方は、 サウンドホールに引っ掛けるタイプのストラップが手軽です。

ウクレレを抱えるのが辛い、あるいはウクレレのサイズが大きかったり重くて落下の危険性がある、 またパフォーマンスの途中でウクレレから手を離さなくてはいけないなんて方には、ピンに取り付けるストラップが適当だと言えるでしょう。




以上となります。
ストラップは必ずしも利用しなくてはならないアイテムではありませんが、人によってはとても重宝するものです。

価格は素材やデザインにもよりますが、大抵のストラップは1000~2000円程度とそれほど高くはありませんので、 現在ウクレレを抱えるのが大変、落下の危険性を減らしたいなんてお考えの方は是非試してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


楽器初心者でも続けやすいウクレレ教材

楽譜が読めない、楽器は初めて、一人で練習できるか不安。
そんな楽器初心者でも楽しくウクレレを学ぶことができる、続けやすいウクレレ教材をピックアップしています。

専用の教材は本などに比べると費用がかかりますが、 内容が体系化されており挫折しにくいこと、また独自のノウハウによって効率的に練習がおこなえるため、 特にはじめての方にはおすすめ。

何度も教室へ通うことに比べると、手間もかかりませんしリーズナブルです。


古川先生の初心者向けウクレレ講座

今も多数の音楽教室でレッスンを行い、ウクレレの教本やCDなども手掛けられている、古川忠義先生のウクレレDVD講座。
「楽譜が読めない」
「楽器の経験がない」
「一人で練習できるか不安」
そんな不安は一切不要。
楽しみながらウクレレを学ぶ工夫が所々に取りいれられています。

学ぶのが苦手という方でも、自然に理解できるような内容なので安心です。

独学だと続けられるかが不安、楽器初心者だけど短期間でウクレレを弾けるようになりたい、そんな方におすすめしたい教材です。


関連記事


Copyright © 2017 - ウクレレ弾きませんか?. All Rights Reserved.
サイト上のコンテンツの無断転載を禁じます (サイト概要