初心者のウクレレ購入 選び方のコツを教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウクレレを弾いてみたい。
そう思ったときに、まず必要になるのはウクレレそのもの。

そこで買おうと思っていろいろネットで見てみるものの、 ブランドの種類も様々であれば、お値段も高いものと安いものとでは天と地ほどの開きがあり、 途方に暮れてしまうこともあるかもしれません。

今回は、そんな初心者のウクレレ選びについて、簡単にではありますが解説したいと思います。



ウクレレにかけられる予算

ウクレレを購入しようと考えて、一番に気になるのが価格だと思います。
音にこだわるのなら価格が高いものを求めるに越したことはありませんが、最初からそんなに出せないという方も多いですよね。

また、途中で挫折してやめてしまうかもしれないということを考えると、やはり高価なウクレレを買うのはリスクが高いです。

ありきたりではあるのですが、初心者は1万円~2万円程度の品を選ぶのが良いでしょう。

2~3千円くらいの激安ウクレレも販売されていますが、所詮はおもちゃです。 おもちゃで良いというのなら止めませんが、価格が安い製品は音が狂いやすく、音色も楽器というよりはやはりおもちゃです。

まあ、インテリアとしては悪くないと思います。

1万円から2万円というのは、楽器に触れたことがない方には高いと思えるかもしれませんが、楽器としては安いです。

音色などをそれなりに楽しめ、かつ続かなかった場合にもそれほど無駄がない価格帯としては、そのくらいが適当だと言えるでしょう。

おすすめはFamous(フェイマス)というメーカーのウクレレです。
入門者用といったら、フェイマスというくらい定番のメーカーで、楽器店などでもお勧めされることが多いです。

まぁ、Famousといっても沢山種類があり、高いものは結構高いのですが、 例えばFamous FS-1というモデルだと定価は18,900円、ネットではもっと安く買えます。

これにプラスして、音合わせに使うチューナーやケースの代金も必要になりますが、とりあえずその辺りの製品を購入しておけば当分は楽しめます。

もちろん予算があるのなら、もう少し高めのものを購入した方が満足度は高いです。


まとめてみると・・
・本当に続くかわからない方は1万円以下のおもちゃウクレレでも十分
・最初からある程度こだわりたいのなら1万円~2万円程度のウクレレを選ぼう
・初心者にはFamous製のウクレレがおすすめ
上手くなってくると現状のウクレレでは満足できず、新しいものが欲しくなる可能性が高いです。

ある程度弾けるようになると、どういったウクレレを選べばよいのかが分かってくるため、ちゃんとしたウクレレは2本目以降に購入するのが良いでしょう。



ネット VS 楽器店 どちらで購入するのが良い?

ネットで販売されているウクレレは、価格が安くなっている事が多いのですが、 メンテナンスなど後々のことを考えると、ちゃんとしたアフターサポートが受けられる楽器店で購入したほうが安心感は大きいです。

場合によっては、同じ商品でも楽器店とネットでは5千円以上値段が違うことがあるため、余り予算に余裕がない場合だと迷ってしまいますが、 ネットでの購入は壊れてしまったときに気軽に相談できないため、初めての場合はお勧めできません。

ただFamous製のウクレレに関しては、ネットで購入したからといって音が悪いなどという事はありません。 単純に、割引価格で販売されているだけだと考えて良いため、どうしても価格が安い方が良いというのならばネットも悪くないでしょう。



ウクレレはひとつひとつデザインが異なる

ウクレレは同じモデルであっても、木目の入り方などに違いがあります。
多くのウクレレはマホガニー、もしくはコア(ハワイアンコア)と呼ばれる木材で作られていることがほとんど。

天然の素材ですから、選ぶウクレレによって木目の入り方や色も微妙に異なります。 場合によっては、変なところに木目が入っていたりするかもしれません。

最初はそこまで気が行かないため、迷うこともないと思います。 ただしばらくの間使うわけですから、デザインに好みがある場合は楽器店などで見ておいた方が後悔がないでしょう。



ウクレレには様々なタイプ、サイズが存在する

ウクレレと一口に言っても、その種類によりサイズが結構異なります。

小さい方からソプラノ、コンサート、テナー、バリトンと呼ばれるウクレレが存在しており、 多くの方がイメージする小さいウクレレはソプラノというタイプになります。

コンサート、テナー…とサイズが大きくなっていき、 大きいものになるとウクレレというよりは、見た目も音もギターに近い感じになるでしょうか。

サイズが大きくなると、小さい手では押さえられないコードが出てきます。 ピアノも手が小さいと弾けない曲があるのですが、それと同じで弾くのが難しくなります。

特に手が小さい方や、ウクレレ特有の音に憧れてウクレレを始めようという方は、ソプラノがおすすめです。

種類やサイズ以外にも、弦の数が多いウクレレや、ネック(ウクレレの細長い部分)が長いウクレレ、 また形状に関してもノーマル型と、丸っこいパイナップルのような形のウクレレが存在します。

安いものを、と考えるとあまりその辺の選択肢はないため、ウクレレ選びに迷うことも無いと思われますが、 とりあえずこういったものがあるということを頭に入れておいて損はないでしょう。

大抵、最初はノーマル型のソプラノウクレレを購入される方が多いようです。

ノーマル型とパイナップル型のウクレレは、見た目が異なるだけではなく音の感じもやや異なってきます。 聞いた感じでは、パイナップル型はノーマル型のウクレレよりも柔らかい音がするでしょうか。

ウクレレであればどちらでも構わないというのならばともかく、 細かい部分にこだわりたい方は、一度楽器店で実物を見ておくと良いと思います。




以上、参考になりますと幸いです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


楽器初心者でも続けやすいウクレレ教材

楽譜が読めない、楽器は初めて、一人で練習できるか不安。
そんな楽器初心者でも楽しくウクレレを学ぶことができる、続けやすいウクレレ教材をピックアップしています。

専用の教材は本などに比べると費用がかかりますが、 内容が体系化されており挫折しにくいこと、また独自のノウハウによって効率的に練習がおこなえるため、 特にはじめての方にはおすすめ。

何度も教室へ通うことに比べると、手間もかかりませんしリーズナブルです。


古川先生の初心者向けウクレレ講座

今も多数の音楽教室でレッスンを行い、ウクレレの教本やCDなども手掛けられている、古川忠義先生のウクレレDVD講座。
「楽譜が読めない」
「楽器の経験がない」
「一人で練習できるか不安」
そんな不安は一切不要。
楽しみながらウクレレを学ぶ工夫が所々に取りいれられています。

学ぶのが苦手という方でも、自然に理解できるような内容なので安心です。

独学だと続けられるかが不安、楽器初心者だけど短期間でウクレレを弾けるようになりたい、そんな方におすすめしたい教材です。


関連記事


Copyright © 2017 - ウクレレ弾きませんか?. All Rights Reserved.
サイト上のコンテンツの無断転載を禁じます (サイト概要